お子さまの靴の選び方のポイント

足に合わない靴を履いていると、歩きにくく、姿勢も悪くなりがちです。足に合った靴を選び、思い切り遊ばせてあげましょう。

<靴選びのポイント>
◇つま先の部分が広く、指が靴の中で自由に動くもの
幼児期に指を十分動かしていないと、指の腱や筋肉、ふくらはぎの筋肉が正しく発達しないままになり、転びやすく歩くとすぐ疲れるといったことにつながります。

◇かかとのまわりがしっかりしているもの
かかとの骨をしっかり成長させるために、かかとの押さえがしっかりしているものが良いです。かかとの骨がしっかり成長しないと、足の変形・O脚・X脚・扁平足などの原因になります。

◇靴底が指の付け根部分でしっかり曲がるもの
靴底があんまり硬いと前に進むための蹴り出しがうまくできません。

◇甲の部分が足にフィットしているもの
靴の甲をしっかり締めることにより自然な歩行をさせることが大切です。