令和6年1月 食育だより

ネウボラセリジェ(子育て支援事業)

 新年あけましておめでとうございます。
1月は寒さもきびしく、体調も崩しやすいくなる時期です。
朝ご飯をしっかり食べて、一日を元気に過ごせるようにしましょう。

 今月は「小豆汁の雑煮」(鳥取県の郷土料理)についてお話しします。
「お正月にお雑煮を食べるのは【ハレの日】に食べるおめでたい食べ物だからです。」
お正月の雑煮は全国各地では、色々な雑煮が食べられていますが、鳥取県のお雑煮は小豆の煮汁に柔らかく煮た丸餅が入ったものを主に食べています。
見た目はぜんざいのようにも見え、味付けも甘めでぜんざいとはほとんど変わりません。
普段はぜんざいとしてたべているものが正月だけ『小豆雑煮』と呼ばれるそうです。
普段たべるぜんざいと中身はかわらないのに、正月に食べることでめでたさが増すそうです。